イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

国際ニュース

タンカー攻撃の犯人はどこの国?どこの誰が相手?戦争の可能性は

投稿日:

犯人はどこの国で、誰が相手なのか…。

日本のタンカー攻撃について「犯人はどこ?」と騒然となっています。アメリカ政府はイランが関与したと発言。

戦争に発展する可能性はあるのでしょうか?

タンカー攻撃の犯人はどこの国?

中東のホルムズ海峡近くで、日本の企業が運営する石油タンカーが攻撃されました。麻生太郎財務相は「よろしくない」とコメント。

タンカー攻撃にあったのは、国華産業(東京都千代田区)が運航する「コクカ・カレイジャス」とノルウェーのフロントラインが所有する「フロント・アルタイル」の2隻。

菅官房長官は記者会見で「現時点で自衛隊を派遣する予定はない」と話しています。

タンカー攻撃の犯人はどこの国なのか?

やはりキナ臭いのはアメリカですね。自作自演の可能性もあります。安倍首相がイランを訪問しているこのタイミング、イラン政府側がやったとは考えられません。

ただ、イラン革命防衛隊やサウジ・イスラエルによる偽装工作の可能性も否定できません。重要なのは、誰が得をするのか、という点ですね。

SNSなどでも「誰がやったの?相手はどこ?」「アメリカが怪しいよね、戦争になるんじゃね?」「どうやって攻撃したんだろ?」などと犯人探しが始まっています。

船体からは魚雷「リムペットマイン」が

米メディアCNNによると、攻撃を受けたケミカルタンカーの船体に「リムペットマイン」という不発の魚雷が突き刺さっていたとのこと。

イラン海軍艇がこの水雷を取り外していたそうですが(米軍機が上空から撮影していた)、アメリカ側はこれを「攻撃した武器を回収し、証拠を隠そうとしている」としてイラン関与説を展開しています。

リムペットマインとは船底に仕掛けて遠隔装置で起爆させる水雷で、使用武器からも米国は「イランが犯人」と主張しているようです。

アメリカは「イランの責任だ」と発言

CIA(中央情報局)の元長官、現在は国務長官であるマイク・ポンペオ氏は「オマーン湾における攻撃の責任は、イランにあるとの判断を下した」と発言。

さらに安倍首相がイランを訪問していた事にも触れ、トランプ大統領との会談を拒否し、さらに日本を侮辱したと述べています。

CIAや国務省といえば、ロックフェラーの影響が強い組織…これは余計に胡散臭い感じがします。

トランプ大統領は「イランとの合意は時期尚早」とツイッターに書き込んでいました。

イラン政府は関与を全面否定

タンカー攻撃の犯人に名指しされたイラン政府は反発。

ポンペオ国務長官の発言を「根拠なき主張」とし、イランはアメリカの脅迫や事件に対して懸念を表明する、としています。

確かにイラン政府が犯人だとすればあまりに低レベルで、メリットがありません。ですが、国内ではイラン革命防衛隊との対立もあり、決して1枚岩ではないのも事実ですね。

韓国の商船が乗組員を助けた

攻撃した相手は誰か?どこの国か?という議論が深まる裏側で、韓国が乗組員たちを助けていたことが分かりました。

韓国の中央日報によると、ノルウェーを国賓で訪れていた文在寅大統領が、オマーン湾でのタンカー攻撃について言及したと書いてました。

「ノルウェー船舶がオマーン湾で攻撃爆発事故に遭ったが、幸い近くを通った韓国の現代商船の船舶が乗組員23人全員を救助したという報告をここに来る途中で受けた」

…日本タンカーの名前がないですね。

文大統領がたまたま名前を出さなかったのか。。。と思ったら、日本タンカーはオランダの船に救助されたようです。いやいや勘違い、情報が錯綜しすぎ。。

5月にもUAE沖でタンカー攻撃

実は5月にもアラブ首長国連邦(UAE)沖で、石油タンカー4隻が襲撃を受けていたことが判明。CNNなどが報道。

襲撃されたのはUAE、サウジアラビア、ノルウェーの石油タンカー。この時すでにアメリカとサウジは「イランが犯人」だと疑っていたようです。

サウジのムアリミ国連大使は「十分な証拠がある」と発言。

ちなみにこの時に使用された武器も水雷「リムペットマイン」だそうです。

これは…米国とサウジの思惑が一致してイラン犯人説を立てたのかもしれませんが、サウジの船も攻撃されているとなると…なかなか混乱してきます。

攻撃した相手はどこの誰?

メタノール2万5000トンをシンガポールとタイに運ぶ途中だった日本のタンカー。実際には3回の爆発があったと報道されています。

どこの誰が…ニュースや情報が錯綜してますが、現時点では日本は静観・沈黙がベストですね。まだ詳細が分かりませんから。

しかし、あえて言うなら…

UAE沖での事件の際は「洗練された連携作戦の一環であり、高度な作戦能力をもって遂行されたことが強く示されている」として国連に報告されています。

アメリカとイランの関係をぶち壊す事が、国益になる国家もあると思います。ただ、これだけ緊迫した関係の中で、いったいどこの国がそんな大それた事件を起こせるのか。。。

あんまりこんな事をいうとアレですが、オバマ時代に米政府を牛耳っていたディープステートの存在が関係してそうな気がします。

なので、トランプ大統領の指示、というのも違う気がしますね。

戦争の可能性と米国の歴史

これまでアメリカ(正確には牛耳っていた勢力)は、9.11など自作自演で数々の戦争を起こしたり、相手国を支配してきたりしました。

そこにはCIAやイスラエルが関与していることも多かった気がします。

今回のタンカー攻撃事件、結局は犯人は見つからないまま幕を閉じると思います。そもそも『どこの国』という概念が違うと思うからです。

いずれにせよ、日本は下手に行動せず、成り行きを見守るのがいいかと。。真相は闇のまま、ですね。

-国際ニュース

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.