イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

安倍晋三首相

安倍首相のメガネ通訳は誰?高尾直は外務省で英語の達人か

投稿日:

安倍首相の通訳を務めている人は誰なのでしょうか?

トランプ大統領の来日でも安倍総理の通訳者として同席してましたね。実はこのメガネの方、外務省の高尾直さんなんです。

複数の言語を操るスーパーエリートの正体とは。。

安倍首相の通訳は誰?

トランプ大統領の来日や、数々の要人を迎えた場面でも登場する、通訳者の方。黒縁のメガネが印象的ですね。

安倍首相だけでなく菅官房長官が訪米した時も通訳者として同行したそうです。実は菅義偉さん、英語が苦手なんだそうで…

安倍総理の通訳は、外務省の高尾直さんです。

高尾直は外務省で英語の達人

外務省といえば、なんとなく固いイメージを持っている人も多いと思います。

その名称の通り外交がメインですが、最近では『売国勢力に取り込まれた』なんて言う識者もいて、話題に事欠きません。

通訳を務める高尾直さんは、2003年に外務省に入省。年齢は2019年現在で38歳ぐらいと思われます。

学歴は東大法学部卒業。帰国子女であり、開成高校にも入学。ハーバード大学大学院ケネディ・スクールの修士号も持つエリート官僚です。

過去のトランプ氏との会談は全て高尾直さんが務めているらしく、大統領に就任する前、安倍首相とトランプタワーを訪問した際も同行していました。

また、ゴルフ外交では一緒にゴルフカートに乗って通訳している姿も印象的でした。一言一句、聞き逃さないようにしないと、大変な事になります。

『外務省には彼のような通訳者が多く存在するのか』というと、そうでもなく、高尾直さんのように語学が堪能な人は特別みたいです。

多くの通訳者はどこかの国の言語に通じてることが多いですが、なんと高尾直さんは複数の言語を操るスペシャリスト。

日本人独特の『空気を読む』であったり会話の中の『行間を読む』といった表現を変換できる「微妙なニュアンスを伝えられる通訳」なんだとか。。

トランプ夫妻と述べたのを「マダム・ファーストレディー」と、王室風に敬語で表現した。高尾氏は首相発言の行間を読み込み、知性を感じさせる英語表現にする「スーパー通訳」である。

外務省の“スーパー通訳”高尾直氏って?

そういえば、天皇陛下と皇后雅子さまが通訳なしでトランプ夫妻と会話されていた姿が話題になってましたね。

あの時は後ろで待機していた通訳者が困っていましたww

あと気になったのが、安倍首相は英語が話せるのか?という疑問。

調べてみると、短いですが米国留学の経験があるようです。ですが、英語力は簡単な挨拶や日常会話程度のレベルとの意見が多いようでした。

実際に海外でスピーチする際には原稿を読み上げてますし、首脳会談にはちゃんと通訳をつけてますね(間違って伝わらないようにもあると思いますが)。

高尾直さんの役職は『国際法局条約課 首席事務官』とのこと。なんだかよく分かりませんが、官僚の役職ってなぜか長いですよね~~。

-安倍晋三首相

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.