イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

トランプ大統領

トランプ来日予定2019横田基地じゃなく横須賀へ…空母に乗艦

投稿日:

前回は横田基地にエアフォースワンで降り立ったトランプ大統領ですが、今年は違うようです。

トランプ来日予定2019と空母「かが」の乗艦についてお伝えします。海上自衛隊が世界に誇る空母で、中国をけん制する狙いもありそうです。

トランプ来日予定2019

国賓で来日し、天皇との会見や日米首脳会談も控えているトランプ氏。2019年はより強固な日米同盟をアピールする機会となりそうです。

今年は羽田空港に大統領専用機で着陸し、横田基地には行かない様子…そのかわり、いずも型護衛艦の「かが」に乗艦するために、神奈川県まで足を運びます。

おそらくキャデラックワン(ビースト)で移動すると思われますが…ラッキーな人は車列を見れるかもしれませんね。

横田基地じゃなく横須賀へ

トランプ来日予定2019横田基地について。

「どんな独裁者も政権も国家も、米国の決意を甘く見るべきではない」

昨年そう演説したトランプ氏は、北朝鮮に対するメッセージがあったのでしょう。横田基地での演説時は軍服を着ていました。

ですが2019年は横須賀です。「いずも」がインド太平洋に派遣されていて不在の為、広島の呉基地から「かが」がやって来るのです。

横須賀といえばインドカレーなども人気で、観光地としても有名な場所。

造船所としての設立は1871年。原子力航空母艦『ロナルド・レーガン』の母港でもあり、朝鮮戦争やベトナム戦争などにも使用されてきました。

これまで自衛隊の艦艇を視察した外国首脳は、英国のメイ首相だけ。当時は小野寺五典防衛相が案内していたと思います。

ここ数年、安倍首相は積極的に日本の護衛艦をアピールしているように思われます。やはり、中国の存在を意識してるのでしょうか。。

日米印で中国に軍事的な圧力を

中国が提唱する「一帯一路」は世界の脅威です。

昨年8月には、英海軍が「航行の自由作戦」に参加することを表明。米国の駆逐艦が南沙諸島・西沙諸島へ、イギリスの補給艦が南シナ海に派遣されることになります。

日本の海上自衛隊は、米国とインドが共同で行う訓練「マラバール」に参加することを決定。これは中国の潜水艦なども想定された訓練となります。

空母化される「いずも」と「かが」がインド太平洋での訓練に参加すれば、日米印の空母で中国へ軍事的な圧力をかける事も可能に。

習近平が望む世界支配を、食い止めることができるか…それは意外と日本の自衛隊にかかっているかもしれません。

以上、トランプ来日予定2019横田基地の記事でした。

-トランプ大統領

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.