イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

安倍晋三首相

佐藤浩市が潰瘍性大腸炎の安倍首相を揶揄?炎上の理由は

投稿日:

俳優の佐藤浩市さんが映画「空母いぶき」にて、潰瘍性大腸炎を患う安倍首相を揶揄したと炎上しているようです。

百田尚樹さんやホリエモンも反応し、そしてお決まりの勢力の人達は反論…なぜ炎上したのか、その理由を考えました。

佐藤浩市の炎上理由

もともとの発端は産経新聞の記者のSNS投稿。(インタビューした記者とは関係ありません)

フェイスブックに、漫画ビッグコミックで佐藤浩市さんがインタビューに答えた記事の一部をアップしたのが始まりでした。

佐藤は自身の総理大臣役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね」とした上で、「でも、監督やプロデューサーと『僕がやるんだったらこの垂水総理をどういうふうにアレンジできるか』という話し合いをしながら引き受けました」と経緯を説明。「彼はストレスに弱くて、すぐにお腹(なか)を下してしまうっていう設定にしてもらったんです」とも述べた。

ホリエモン「佐藤浩市がひどいに決まってんだろ」

これは自身が出演する映画「空母いぶき」に関してのインタビューです。

問題になったのは『ストレスに弱くてすぐにお腹を下す』という部分ですね。これが潰瘍性大腸炎を患う安倍首相を揶揄していると批判を浴びているのです。

潰瘍性大腸炎で安倍首相を揶揄?

佐藤浩市さんのインタビューの一部分が拡散され、作家の百田尚樹やホリエモンが批判。フィフィさんは「冷静に考える必要はある」とコメント。

これに対し、青木理さんや玉川徹さん、そして『あっち側』のメディアなど、お決まりの勢力の人達は佐藤さんを擁護し、逆に百田さんを批判しています。

メディアの報道を見ていると『政権批判している』とかちょっとズレた報道もありますが、今回の炎上理由はそうではないと思います。

「空母いぶき」の映画は架空の人物

原作漫画の「空母いぶき」はフィクションです。そしてそれをもとに作られた映画もまたフィクションです。つまり架空の団体・架空の人物というワケです。

日本はいちおう民主主義の国で表現の自由もあります。安倍総理が気に食わないからといって「あんな能無しは辞めちまえ!政治家としてクズだ!」なんて言っても、中国と違って逮捕されることはありません。

映画はノンフィクションではなく、作り物の物語です。

にもかかわらず、映画の中で総理大臣という特定の人物だけ実在の人物を揶揄するような設定にした、というのは何らかの意図があったと思われても仕方ないと思います。

佐藤浩市さんからすれば「体制側の立場を演じることに対する抵抗感がある」とのことですが、何も実在の人物を揶揄するような設定でなくともよかったのではないか。。

例えば『優柔不断で人の意見にのっかる』とか『自分の保身だけを考える』とか『すぐに人のせいにする』『現実逃避して判断から逃げる』などなど…色々とあったのではないでしょうか。

ちなみに原作の設定では「お腹を下しやすい」ではなく「吐くほど悩む」だそうです。

さらに映画の中で『自衛隊に攻撃の命令を下す役割』というのも、今の政局の流れからいって微妙な部分だったのかもしれません。

佐藤浩市さんは反体制の思想を持っていることを隠そうとせず、お酒が入ると政権批判に熱が入ることもあるんだとか。。。

ゼロではない意図的な売名行為

あり得ないかもしれませんが、可能性はゼロではないのでいちおう。

映画『空母いぶき』の公開日は5月24日。

このインタビュー記事は映画制作側の意図的なものだったという可能性も。つまり、わざと炎上を狙って宣伝行為をする目的があったとか…

この原作のファンの人達は日本を想い、愛国心のある人たちでしょうから、そういうターゲットを意図的に狙ったとか。まあ、あり得ないと思いますけどね。

そうやって深読みすると、今回の首相の設定は映画制作側も関係しているかもしれません。実際に「監督と相談して」決まったそうですから。

まあ、あくまで可能性のお話です。

個人的には佐藤浩市さんは好きな俳優さんです。

空母いぶきも気になってたし、映画見たいな~なんて思ってたんですが、今回の騒動で少し迷っています。どうしようかな~。

-安倍晋三首相

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.