イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

ロイヤルファミリー

メーガン妃の子供の国籍は?二重国籍となる男の子が誕生

投稿日:

メーガン妃とヘンリー王子の間に男の子が誕生。

子供の国籍はどこになるのか?と注目を浴びてましたね。というのもメーガン妃がアメリカ出身だからなのですが、英メディアは『二重国籍』と発表。

つまりイギリスと米国の両方という事になります。

メーガン妃の子供の国籍は?

EU離脱問題などで暗い影を落とすイギリスですが、英国民にとってこのニュースは特別なものだったようです。

ヘンリー王子とメーガン妃が、子供を無事に出産したことをインスタグラムで公表。ミシェル・オバマ前大統夫人や以前の女優仲間などが続々とSNSで祝福しているとのこと。

これを受け、多くの人達から疑問が…それは子供の国籍についてです。

ヘンリー王子はもちろんイギリス国籍ですが、メーガン妃は米国のロサンゼルス生まれなんですね。母親はアフリカ系アメリカ人で、父親はオランダ・アイルランド系となっています。

つまりメーガン妃は米国出身なのですが、出産と同時に子供はアメリカ国籍も取得し、英国と米国の二重国籍となるようです。

二つの国籍を持ってると、何かと便利そうですよね。両国を自由に行き来できますし、どっちに住んでもOKですし(もちろんロイヤルファミリーは難しいですが)。

日本でも立憲民主党の蓮舫さんが二重国籍だと話題になりましたね。

政治家や王室にそういうのってアリなんでしょうか…また、生まれた子供の髪の毛や肌の色についても話題になっています。

子供の髪の毛や肌の色は?

そもそも、メーガン (サセックス公爵夫人)はアフリカ系の血が流れているからか、子供時代は髪の毛がチリチリだったと言われています。

それから徐々に真っすぐになり、くるんとハネたような髪質でしたが、現在ではほぼ真っすぐです。これは強烈なストレートパーマをかけているとの噂もあります。

そんなメーガン妃の子供も同じような髪の毛になるのではないか、肌の色は母親と同じになるのではないか?なんて注目を浴びていました。

王室にはすでに黒人の血が流れていた?

保守系のメディアなどは英王室にアフリカ系の血が入り込むことに対し、よく思っていない書き方をしていましたが、実は興味深い記事が。。

ワシントン・ポストによると、英国王ジョージ3世(1738~1820年)の妻、シャーロット王妃の先祖がアフリカ人と主張している歴史の専門家がいるとか(あくまでも一部の主張のようですが)。

色々と諸説あるみたいですが、とくに欧米なんかは混血が多くて見た目では分からない人が多いですよね。

ニューヨークなんかは多用人種とグローバル化の象徴みたいな場所だし、日本人から見たら外見ではもはや何人か見当もつきません。

ちなみにメーガン妃とヘンリー王子の、第1子の王位継承順位は7位。すでに二人目の子供の事も話し合っているとの情報もあるようです。

-ロイヤルファミリー

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.