イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

北朝鮮情勢

金正恩、ロシア訪問の目的は亡命?【北朝鮮情勢】

投稿日:

マスコミは金正恩のロシア訪問について、会談は『非核化が焦点』などと意味不明な事を言ってますが、本当の目的は違うのではと思います。

いざという時は北朝鮮から亡命できるよう準備するためかもしれませんし、プーチンの狙いも別にありますよねきっと。

金正恩のロシア訪問の目的

北朝鮮の金正恩委員長が、ロシアの極東・ウラジオストクに到着。今回もまた長い列車の旅だったようです。

金正恩さんは伝統的な「パンと塩」で歓迎を受け、国境の駅での式典に参加。その後は宿泊先となるホテルで首脳会談に備えていました。

ロシア訪問の目的は亡命か

「今回のロシア訪問は、北朝鮮の非核化問題が~~」なんちゃらかんちゃらと、マスコミの報道は嘘ばかり。意図的かどうかは分かりませんが。

ロシア訪問の本当の目的は、二つあると思います。

一つ目は、危機的な状況に陥った時に、ロシアへ亡命する準備。

金正恩(朝鮮労働党委員長)がロシアを訪れたのは今回が初ですが、実は父親の金正日(キムジョンイル総書記)が2011年8月に訪露しているんです。

北朝鮮とロシアは仲が悪いのでは?と思ってた人もいるかもしれませんが、露朝友好の施設「金日成キムイルソンの家」が存在するなど『ゆかりのある地』でもあるのです。

アメリカと北朝鮮は『米朝首脳会談を前向きに行おう』 とする裏側で、米国はせっせとジョンウン暗殺計画をシミュレーションし、金正恩もせっせと核開発を続けています。

今後はどうなるか分かりませんし、有事の際は他国へ亡命することも十分に考えられます。

亡命先としては中国をあげる人もいますが、なんだかんだ言って中国はアメリカや金融資本家たちの影響力が強いので、簡単に暗殺される可能性があります。

ですがプーチン大統領は違います。元KGB出身の冷徹な男、そう簡単に他国の好きにはさせません。

会談の内容は北朝鮮の核武装

ロシア訪問の目的の二つ目は、北の核武装についてです。

厳密に言えば、北朝鮮が核開発やミサイル開発などを維持したまま、いかにアメリカと交渉し、経済制裁を解除してもらうか。

そしてロシアが北朝鮮への影響力を強め、アドバイスして後ろ盾となる事でどんな見返りがあるか――。

金正恩氏は「尊敬するプーチン氏と、朝鮮半島の問題や朝ロ関係について話し合いたい」とコメント。プーチンさんも「非核化と南北問題の解決を支援したい」と発言しています。

ロシアは「段階的な非核化」を支持していて、6カ国協議(北朝鮮・韓国・中国・日本・アメリカ・ロシア)で解説するべきだとの立場をとっています。

ロシアからすれば、北朝鮮の存在は安全保障的にアメリカの言いなりになっては困る地域にあり、何としても利用したいところだと思います。

一番の理想は『ロシアの言いなりになる核を持った北朝鮮』ですね。アメリカの好きにはさせないというプーチンさんの本気度が、試されます。

-北朝鮮情勢

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.