イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

トランプ大統領

トランプ大統領の通訳女性は誰?北朝鮮の会談で…

更新日:

ベトナムのハノイで開かれた米朝首脳会談、合意はできずに終了したわけですが、トランプ大統領の通訳が話題になりました。

いったいあの通訳の女性は誰なの!?会談の内容よりもそっちの方が気になる人が続出です。

トランプ大統領の通訳

経済制裁の解除を狙う北朝鮮と、完全なる非核化を望むアメリカ―。ハノイで2回目の米朝首脳会談が開かれました。

マスメディアは合意を期待する報道を繰り返していましたが、いざ蓋を開けてみれば主張は食い違い、決裂する結果に。。。

そんななか、トランプ大統領の背後にいた通訳の女性に注目が集まります。「あれっ、この人、前にも見たことがあるぞ」という方も多いはず。

通訳は国務省の女性

実はこの通訳の女性、正体は国務省に所属する通訳局長。名前はイ・ヨンヒャンさんです。

梨花女子大學校や通訳・翻訳大學院の教授という経歴も持つベテランさんで、ブッシュ政権時代やオバマ前大統領の時も見かけた人物です。

イ・ヨンヒャンさんは本当はテレビ局のプロデューサーを目指していたそうです。大学院卒業後、就職しようと思ったのですが、願書をもらえず断念…なんでも理由は「女性だから」だったとか。

渡米後にアメリカに残ったのは、娘を「帰国子女枠 」として韓国の中学校へ入学させたかったけど、資格がないとして認められなかったから。それで米国に住み続けているようです。

韓国ってけっこう女性に対して厳しい国なんですね、女性が理由で就けない職業があるとか、差別がすごいと思います。日本への嫌がらせもありますし、それでも民主国家と謳ってるワケですから、冗談抜きで鳥肌が立ちますww

ちなみにイ・ヨンヒャンさんは、北朝鮮に解放された韓国系米国人を空軍基地で出迎えたシーンでも登場してます。けっこう活躍してますね。

米朝会談では金委員長の通訳官としてシン・ヘヨンさんが登場。新しい顔ですね、以前の方は何か失敗をやらかしたんでしょうか…(;´Д`)

国際舞台での通訳はとても重要な役割を持っています。

その言葉のニュアンス一つで違う意味として伝わってしまうため、相手を怒らせてしまう可能性もあるからです。

国の指導者同士で決裂すると、最悪の場合は国際問題に発展し、時には戦争の引き金にさえなってしまいます。

とくにトランプ大統領は激しい言葉をストレートに放つため、これには通訳さんも困ることでしょう。慎重に訳さなければなりません。

安倍総理の通訳は外務省

トランプ大統領が来日した際、安倍首相とのゴルフが話題となりましたが、実はゴルフカートの後ろにしがみついて乗っていた人物がいたんです。

そう、この人こそ二人の会談を通訳した「日本最強の語学使い」。

安倍首相のメガネ通訳は誰?高尾直は外務省で英語の達人か

なんと外務省には43の言語の通訳担当官がおり、海外研修や大使館通訳など様々な経験を経てたどり着くプロフェッショナルなのです。

外部に聞かれては困るような政治的な会話も多いため、一般の通訳ではなく官僚を使っているんですね~。ちなみに普段は通常の業務があるとのこと。

通訳になるにはとくに資格などはなく「私は今日から通訳だ」と言ってしまえばそうなります。

ですが留学の経験や専門・養成学校や、スクールを卒業したほうが有利。パラフレージングと呼ばれる、聞いたことを自分の言葉で言い換えて話すスキルも必要となってきます。

あとこれは声優やナレーションなんかにも共通する事ですが、滑舌がよくないと厳しそうですね。

2019年5月の月末にトランプ氏が来日しますが、ぜひテレビに映った通訳さんに注目してみましょう。

-トランプ大統領

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.