イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

トランプ大統領

トランプはなぜバーガーやマックが好きなのか?その理由を考えた

投稿日:

トランプ大統領はなぜ、マクドナルドが好きなのか――。そういえば来日した時でもハンバーガーを食べてましたね。

トランプの衝撃すぎる食事内容と、マックが好きな理由を考えました。

トランプの食事が衝撃すぎ

ちょっと怪しいですよね、さすがに。

本当にそんなにハンバーガーばかり食べてるのか?って疑問が。ツイッターでは普段の食事としてマックのバーガーやコーラの写真がアップ。その偏りすぎな食生活に「これマジだったら寿命が縮むだろ」と思ってしまいます。

ファーストフードが大好きなトランプ大統領は、マクドナルドではビッグマック2個、フィレオフィッシュ2個、チョコレートのミルクシェイクを注目。

誰と食べるの?と思った方。いえ、これ一人で食べるそうなんです。一回の食事で。毎日こんな事続けたら病気になりそうです。

ちなみにコレ2400カロリーほどで、コーラの好みはダイエットコークとか。コーラは1日12本飲むそうで、もはや心配を通り越して感心します。

なぜバーガーやマックが好きなのか

トランプ氏のボディガードだったキース・シラー氏によると、彼はホワイトハウスでもハンバーガを食べるそうで、専属のシェフに「マックを再現して」と注文するそうです。

もし上手く再現できてなく、お好みの味にならなかった場合はキース・シラー氏がマクドナルドまで買いに行っていたとか…「マックの人を住ませれば?」って感じですねww

そしてお気に入りメニューはクォーターパウンダーチーズ。ピクルス抜きでケチャップ多めにして食べるのが好きとのこと。確かに、そのカスタマイズ美味しそうです。

ではなぜ、彼はここまでハンバーガーやマックが好きなのか。その理由を考えると、なんだかキナ臭いと思えるような感じにもなってきました。

アメリカ・ファースト?

トランプ氏は大統領になる前から不動産王として大金持ち。世界中のあらゆる高級料理の味も知っているはずなのに、なぜ。。。

理由のひとつは『アメリカ・ファースト』かもしれません。

これは単純に米国企業だからですね。マクドナルドやウェンディーズ、バーガーキング、ドミノ・ピザも全てアメリカ。自国企業を宣伝し、偉大なるアメリカの経済を考える。もともと彼はビジネスマンですしね。

健康的な体をアピールか

現在すでに72歳。2019年の6月で73歳の誕生日を迎えるトランプ大統領。

ファストフードをこんなに食べても大丈夫、という健康的なイメージを演出したいのかも。こんだけ食べて元気なんて、どんだけタフなのかと思いますしね。

毒殺による暗殺を恐れてる

これはどっかのメディアが報道してたんですが、側近にも本当に信頼できる人間が少なく、毒殺による暗殺を恐れている、との記事も。

シェフが作った料理や誰がが持ってきたものは『毒』が入れてあるかもしれず、警戒しているとのこと。

その点、マックなどの大手チェーンであれば安心。もし毒でも見つかれば倒産することになるから、と言ってたとか言ってないとか…

株主とウォール街が関係?

アメリカのマクドナルドの株主が誰か調べたんですが、よく分かりませんでした。ちなみに日本マクドナルドには JPモルガンがいましたよ~(意味深)。

これはただの推測ですが、米国マックの株主と何やら関係があるとか、ウォール街とマックの関係が深いとか、そんな感じ…マクドナルドはアメリカの資本主義の象徴とも言われてる企業です。

イスラエルを支援している

マクドナルドの元会長兼CEOのジャック・M・グリーンバーグ氏は、シカゴにあるイスラエル商工会議所の名誉会長だそうです。

また、マックはユダヤ人基金やユダヤ人協会の主要パートナー。そういえば、トランプ大統領の娘さん(イヴァンカ・トランプ)は、結婚してからユダヤ教になりましたね…夫のジャレッド・クシュナーさんはユダヤ人。

とまあ色々とありますが、結局のところ「ただバーガーが好きなだけですけど」って理由も考えられます。だって、筆者も好きなので。。。

-トランプ大統領

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.