イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

軍事力の地図

憲法9条改正で自衛隊はどうなる?安倍総理が目指す明記とは

更新日:

誰だって戦争は嫌ですよね?そんな事は当たり前です。平和の象徴として存在する『憲法9条』ですが、安倍総理は改正を目指しています。

改正によって自衛隊はどうなるのか――。憲法9条による嘘とマスコミの印象操作についてお話します。

憲法9条改正と自衛隊

まず最初に重要な事を伝えておくと、

戦後の日本を守ってきたのは憲法9条ではなく、自衛隊と在日米軍です。

皆さんは自衛隊についてどんなイメージを持っているでしょうか?

もしもの時、何かあれば戦ってくれて日本国民を守ってくれる、そんな感じだと思います。公務員で給料良さそう、みたいなのもあるかと思いますがww あと筋肉ムキムキでマッチョな人ばっかりとかも…。

しかし、国民を守ってくれるはずの自衛隊は、なぜか憲法上は存在しない事になっているのです。んん?何言ってんだ?って感じですよね。

9条改正で自衛隊はどうなる?

第二次世界大戦でアメリカに負けた日本は、悲惨なほどボロボロでした。一時的に米国の占領下に置かれ、メディアへの情報統制も行われました。

そして『日本が二度と歯向かってこないように』『二度と逆らえないように』するため、日本を骨抜きにするため作らせたのが憲法9条だったのです。

憲法9条とは簡単に言うと、戦力を持たず武力による行使を放棄するという事です。つまりこれが平和主義とか平和憲法だとか言われているんですね。

戦力を持たず…あれっ、自衛隊って戦力じゃないの?って思った方。実は自衛隊は、日本が危機感を感じ自国を防衛するために作られた組織なんです。

だって守る人たちがいないと、他国に侵略され放題だと思いません?

まあ在日米軍は駐留してますが、防衛組織がない国ってあり得ないですよねホント。どうぞ攻めてくださいってアピールしてるようなもんですから。憲法9条のようなものがある国は世界中で日本だけです。

ちなみに現状では、自衛隊は国際法上『軍隊』として扱われています。当然と言えば当然ですね。ですが今の憲法には自衛隊の存在がないんです。

そこで安倍総理は9条を改正して「自衛隊を明記する」と言ってるんですね。

安倍総理が目指す改正とは

「自衛隊の皆さんが誇りを持って職務を全うできるよう、憲法に明記する」安倍首相は防衛大学の卒業式でもこんな発言をしてました。

じゃあ、実際に明記したら自衛隊はどうなるの?って質問。答えは、基本的には何も変わりません。憲法にその存在をきちんと明記し、誇りを持って堂々と任務につくだけです。

しかし、これに反対を唱える人々が大勢いるのです。

マスコミと野党が国民を騙す

マスコミや野党は「日本が戦争する国にしようとしている」「安倍首相が戦争しようとしている」と猛批判。

他の世界中の国の批判はしないのに、なぜか日本が普通の国になろうとすると反対するマスコミと野党たち。これは彼らが他国の強い影響下にあることを示しています。

「憲法9条があるから日本は平和だ」とマスコミや野党は言います。

しかし現実はどうでしょうか…韓国は竹島を自国の領土だと言い張り、中国は尖閣諸島を占領しようとし、日本近海の海を軍事的に威嚇、北朝鮮はミサイルを放って日本上空に飛ばし。。。

これのどこが平和でしょうか?憲法9条が平和憲法であるなら、なぜ他国は日本を脅かそうとするのでしょうか?

◆日本が核武装する可能性は?すでに核武装してるという意見も…

ピースボートという謎の組織

ピースボートという辻元清美さんが設立した団体があるんですが、ここは世界一周旅行の船旅ができると若者たちに人気の船でした。

現在ではシニア世代も多いそうで、格安で世界をまわれるというのは魅力的なんだと思います。ですが、立憲民主党の辻元清美さんってアレですよね…森友問題や外国人献金など数々の事件を起こした人でも有名です。

実際に船に乗船した人の話によると、ピースボートでは憲法9条を平和の象徴と捉えているようで、『9条ダンス』という踊りとかもあるんだとか。。。ちょっと洗脳みたいで怖い気がします( ;∀;)。

少し話が逸れましたが、もし中国などが攻めてくれば、自衛隊は日本国民を守るため戦う事になります。

我々はその存在に尊敬の念を抱き、彼らの誇りを支え、出来ることがあれば手助けして、日本の未来を一緒に考えていかなければならないと思います。

-軍事力の地図

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.