イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

恐ろしいロシア

プーチンの影武者・替え玉はいつから?若い頃の写真から真相を探る

投稿日:

来日したプーチン大統領って、顔が違ってませんでした?

太ったというか…これに対して影武者や替え玉説が出ているようなので、若い頃の写真とか見ながら真相を探ろうと思います。

プーチンの顔が違う

ロシアを牛耳っていた財閥を追い出し、皇帝となったプーチン大統領。最近では日本に来て安倍総理と『北方領土』について会談してましたね。

でもテレビを見て多くの人が感じたことでしょう、「あれっ、なんか顔が変わったな…」と。そう、明らかに顔つきが変化していました。

全体的にふっくらとしていて、以前のような冷淡なイメージがないですね。単純に太っただけでここまで変化するのでしょうか。

これを見てSNSでは「影武者だ」「暗殺に備えて替え玉がいる」との投稿が相次いでいたので、やはり多くの人が思っていたみたいです。

影武者・替え玉はいつから?

もし本当に現在のプーチン大統領が影武者だとすると、いったいいつから入れ替わったのか。離婚した元妻リュドミラさんが怖い事を言ってました。

“ある日、夫がいなくなり、家に戻ると政府の職員が何人もいて家中を荒らしていた。彼らは、夫はすぐに戻ってくるが、このことを漏らすとあなたと娘のためにならないと、口封じされていた“

プーチン大統領は入れ替わっていた!

夫はどこへ行ったのかと尋ねると、安全保障上の理由で違う場所へ行っていると言われ、その後しばらくして家に帰ってきたのは、全くの別人だった――。

これはドイツのヴェルト紙に語った内容なのですが、現在は削除されているようです。元妻リュドミラさんいわく、2013年の出来事とのこと。

さらに2015年にはメドベージェフ首相がツイッターに「プーチン大統領は死んだ」と投稿するも20分ほどで削除。なんかキナ臭い感じがします。

若い頃の写真はこちら。

少年時代から大学生の頃、そして女性と一緒にダンスしている写真でしょうか?絶対にモテてたでしょうねプーチンさん。そして結婚して子供と一緒に撮ったもの、さらにKGB時代の頃の画像です。

続いては、影武者・替え玉になる前と思われる画像です。

そして、変化後のプーチン大統領。

これは太ったというより、明らかに別人な気がします。それにシワが少なくなったというか、若返ってますよねこれ?ネット上で『老けない』とか言われてたのはこれだったのか…

若返るという意味では、しわやたるみを解消することで有名なボトックスや、ロシア系点滴と呼ばれる日本未認可の『幹細胞治療』などもあると聞きますが、そういったレベルではないような気がします。

ではなぜ影武者や替え玉が必要なのか?という疑問ですが、プーチン大統領は数々の暗殺未遂に見舞われており、危険を回避するため、との見方が強いようですね。

比較画像

プーチンの死亡説はホント?

都市伝説のように囁かれているのが、プーチン大統領の死亡説。

これ、オカルト好きな人が勝手に言ってるんではなくて、元妻であるリュドミラさんが「夫は殺された」と語っていたそうです。

もしこの死亡説が真実であるなら、疑問に思うのが「なぜ別人でプーチン政権を維持する必要があるのか」ということ。

単純に敵対する勢力であれば新政権を作ればいいはずですし…誰が、いったい何のために?という疑問です。

暗殺したのは過去に締め上げた財閥だとか、ユダヤ系の勢力だとか、イスラエルの機関だとか(どれも似たようなもんですが)様々な噂があるようです。冷戦の演出を続けるためとの見方も。

世界で怪しいクローンの噂も

死亡説の他にも怪しい「クローン人間説」もあります。

いわゆる世界支配層がクローンを製造していて、プーチン大統領もその一人ということ。確かに、その技術はすでにあると思います。実際に製造してたら怖いですが( ;∀;)。

ネット上では『耳の形』が違うと指摘する人が多いみたいで、言われてみると確かに形が違うような気がします。そもそも変わったりするものでもないでしょうし。

あと個人的に思ったのが『声』です。いくら外見が変化しても、声って絶対に分かりますよね?微妙な違和感とか絶対にあるはずなのに。。。と考えると、もしやクローンの場合は全く同じ声質になるのか?ってもう分けわからんくなりますww

影武者にせよクローンにせよ死亡説にせよ、ロシア政府内や世界の指導者たちの間で秘密事項として共有されているとすれば…なんだか恐ろしいですね。

-恐ろしいロシア

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.