イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

マスコミ偏向報道

マスコミ印象操作とは…メディア不信は日本だけではない

更新日:

「マスコミは信頼できない」「最低だ」と気付き始めた人々。

現在の日本ではマスコミの印象操作が溢れ、信頼度が低下していますが、メディア不信はアメリカでも同じだったのです。

マスコミ印象操作とは

印象操作とは簡単に言うと、言動などで相手に与える印象を変化させ(もしくは誘導させ)、自分にとって好都合なものになるよう操作することです。

昔はテレビやラジオ、そして新聞しかなかったため、メディアの報道は正しいと誰もが思っていました。まさかマスコミが嘘を言うわけがない、と。

しかしネットが普及しあらゆる情報が共有できるようになった現代では、誰もが真実を知れるようになり、マスコミが行ってきた悪事がバレ始めたのです。

印象操作の例は色々とあります。

最近で言うと「安倍が悪い、全て安倍のせいだ」みたいなやつもそうですね。野党とマスコミが一緒になって騒いでいるアレです。

支持率のグラフがあったとすると、横ばいの部分や上昇している個所は無視し、下落している一部分だけを切り取って報道して「ほら、こんなに支持率が下がってるんですよ、誰も安倍政権を信じてないんですよ」と報道する。

そうすると見た人は「そうなんだ、安倍政権は支持されてないんだ」と思ってしまいます。これは印象操作ですね。

国会での森友問題や加計学園のやりとりもひどかったですね。

野党とマスコミは安倍総理を犯人に仕立て上げたいために、意図的に誘導しようとしてました。安倍首相の返答はテレビで流さず、野党が問い詰めるシーンだけをひたすら流してましたね。

こういった内容は印象操作と言うよりも偏向報道に近いかもしれません。偏向報道は、都合の悪い部分は意図的に流さず、都合がいい部分だけを報道する手法です。

この時はさすがに「日本には公平で中立な報道をするメディアはいないのか」と悲観的になってしまいましたが、産経新聞はけっこう頑張っていた記憶があります。

テレビ朝日の「朝まで生テレビ」でも有名な、ジャーナリスト(自称)の田原総一朗さんは「メディアに中立なんていらない」とも発言。

そういえば、小川榮太郎氏が朝日新聞を批判した本を出した時、逆に朝日は小川氏を告訴したという、とんでもない事件がありました。「朝日新聞は終わったな」と誰もが思ったことでしょう。

また森喜朗元首相も「僕のときもそうだったけどマスコミの印象操作は相変わらずひどいな」と過去に発言。ずっと以前から、政治家は印象操作と闘っているのです。

メディア不信は日本だけではない

メディア不信と信頼度の低下は、何も日本だけの話ではありません。

アメリカでも若い世代を中心にメディア離れが進み、日本と同様にマスコミを信用しなくなってきています。これまで権威のあるとされてきたニューヨークタイムズやCNNなどが、信用されなくなってきているのです。

ツイッターなどSNSを見れば、同じニュースが違う内容で流れたりしていて、マスコミの意図や悪意が透けて見えてしまうので…

もちろんネットが正しいとは限りません。ただ重要なのは、何が正しいのか自分で判断する選択肢が増えたことだと思います。そんななか、登場してきたのがトランプ大統領だというわけです。

資本主義社会の今、テレビ局などのマスメディアは開かれた株式会社であり、その株主によって、またスポンサーの意向によっても報道姿勢が変化してきます。

日本のテレビ局の場合だと広告代理店である電通が全ての権限を握ってますので、電通には逆らえない構図となっていますね。

そうすると、電通がどこの国家の影響を受けているか、もっと突っ込むとどんな人達に支配されているかで報道も変わってくるのです。これに関してはまた別の記事で。。

-マスコミ偏向報道

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.