イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

トランプ大統領

なぜマスコミはトランプを叩くのか~アメリカの偏向報道

更新日:

その報道姿勢は現在でも変わりませんが、米メディアはトランプ大統領の事を叩くのに必死なようです。

いったいなぜ、マスコミはこれほどまでにトランプを嫌うのでしょうか?

なぜマスコミはトランプを叩くのか~

あれは忘れもしない、アメリカ大統領選挙が始まったころ。

オバマ前大統領の任期が終了し、アメリカでは『ヒラリー・クリントン VS ドナルド・トランプ』の戦いが始まろうとしていました。

マスコミはトランプに対し『彼は愚かな人間だ』『頭の悪いファシストだ』『レベルの低い大馬鹿だ』『政治家になる器ではない』などと、批判報道を繰り返していました。

それに対してヒラリーには『アメリカ初の女性大統領となる』『ヒラリーが優位にある』『きっと彼女が勝つだろう』と応援する報道ばかり。

アメリカの不動産王で億万長者だったドナルド・トランプ。

確かに政治は未経験ですが、どうしてここまで批判的な報道で攻撃するのか不思議に思ったくらいです。

アメリカにもある偏向報道

偏向報道といえば日本でもお馴染みですね。

チャイナマネーが入り込み在日朝鮮人たちに都合がいいように支配されているワケですが、実はアメリカにだって偏向報道はあるんです。

日本マスコミは執拗な安倍叩きを繰り返していますが、その理由は単純で自分たちにとって都合が悪いから。だから引きずり降ろそうと必死です。

その構図は米マスコミも同じで、トランプが大統領で居続けることが都合の悪い勢力がいるんですね~。

アメリカの場合はウォール街の銀行家や資本家たち、つまり米国マスコミを支配している勢力、グローバリストとも呼びます。(最近では中国マネーの流入も多し)

アメリカ・ファーストで何が悪い

グローバル経済を目指す資本家たちにとって、トランプ大統領が掲げる【アメリカ・ファースト】は非常に都合が悪い。だって自分たちの利益が減るんですから。

でもよく考えてみてください。

アメリカの大統領が、アメリカの国民の事を第一に考えて何が悪いんでしょう?最優先に考えるのって当たり前だと思いませんか?

日本の総理大臣だって同じです。外国の事よりも自国の国民が最優先。だって日本の首相なんだから、当然ですよね。

このへんをマスコミは印象操作を使って『アメリカ・ファースト』がいかに自分勝手なのかを永遠と報道します。

そう、資本家たちにとってはアメリカ最優先では困るのです。だからトランプ大統領を引きずり降ろそうと今でも必死なわけです。

皆さんも、メディアに騙されないように気を付けてくださいね。

-トランプ大統領

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.