イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

マスコミ偏向報道

マスコミ偏向報道に韓国の影…日本批判を繰り返す理由とは

更新日:

執拗に安倍政権を叩いたり、デマを報道したり…マスコミ偏向報道にうんざりしていませんか?

マスコミが偏向報道を繰り返す理由に、実は韓国と中国の存在があるんです。

マスコミ偏向報道の理由

近年とくに問題になっている、メディアの報道姿勢。

昔はテレビや新聞からの情報しかなく「これが真実なんだ」と思うしかありませんでしたが、ネットの普及により世界中の情報が見れるように。

その結果、日本のマスコミが偏向報道やデマを流したりしていることが判明したんです。ではなぜ、そんな事をする必要があるのか?その理由を見ていきましょう。

乗っ取られたメディア

朝日新聞は慰安婦報道を始め、森友問題などでもデマを繰り返してきた事で有名ですが、多くのマスコミは反日報道を繰り返しています。

それらは『意図的に』そうしていると思われ、背後には韓国や中国の存在があるんですね。

歴史を遡ると、戦後に多くの朝鮮人たちが日本に流れ込んできました。

そして朝鮮総連や創価学会などを始め、様々な在日組織を作っていくのですが、メディアの報道にも色々と圧力をかけていくようになります。やがてテレビ局の内部まで入り込んでいく事になるのですが…

NHKの建物の中に韓国や中国のメディアが入っているって知ってましたか?中国中央電視台(CCTV)と韓国放送公社(KBS) があり、母国へ日本の様々な情報を送っています。

これが何を意味するか、だいたい察しがつくと思います。

韓国や中国は反日の国なので、日本を悪者にする報道が大好きなわけです。NHKは韓流ドラマや韓国旅行などをゴリ押しし、歴史は常に韓国や中国が正しい、日本は謝罪しろと報道するんです。

ちなみに国会の情報も中国に流していると言われています。日本の公共放送が、何をしているんでしょうか。。。

スポンサーも韓国・朝鮮

偏向報道を繰り返す理由として、スポンサーも重要です。

TBSの場合は、朝鮮総連の圧力に屈して韓国に有利な報道をするようになり、社員採用に在日朝鮮・韓国人枠を設けるようになります。

その結果、TBSには次第に在日系の社員が増えていき、やがてその連中が出世していくことに…そして番組構成なども偏った作りになっていきます。

そうすると、テレビ局のスポンサーも在日系企業の割合が多くなっていきます。真実を語り中韓に不利な発言をしようとすると「待った」がかかるわけです。

ある芸能人が「番組で韓国や中国の批判をすると、降板させられる」と言ったのは有名な話ですね。

でも報道の自由がある

マスコミ偏向報道は許されるものではありませんが、日本には報道の自由があります。

「間違っちゃった、誤報でした、ミスでした」って言われると、非常に難しくなってきます。絶対にわざとだろ!!嘘を報道するな!!って言っても、証拠がありません。

そして何より日本には、そういった報道に関して処罰する法律がありません。トランプ大統領みたいにメディアに向かって「フェイクニュースだ!!」と安倍首相が叫ぶと、さらにマスコミは反撃することでしょう。

いやいや本当に、どうしたら公平な報道をしてくれるんでしょうか?

-マスコミ偏向報道

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.