イナズマのように鋭く、日の丸のごとく赤く染まれ

赤いイナズマ

国内政治

今井絵理子が政務官に出世した理由は?ネットの反応や感想まとめ

投稿日:

『まさに適材適所』おそらく、そう言うしかなかったと思われる菅義偉官房長官。

 この人事は小泉進次郎氏の環境大臣より驚きましたね。まさか元SPEEDの今井絵理子議員が政務官として起用とは… 

いったいなぜ?いきなり政務官に出世した理由を考えてみました。

ネットの反応や感想も、凄い事になってますね( ;∀;)

今井絵理子が政務官に出世した理由は?

元SPEEDで歌手だった今井絵理子さんは、2016年の参議院選挙で初当選。

まだ国会議員になって3年ほどですね。その間に不倫疑惑や公職選挙法違反疑惑など色々とスキャンダルがありました。

不倫疑惑の相手となった元神戸市議の橋本健氏は、政務活動費を不正流用したことで在宅起訴されています。現在は離婚して今井絵理子氏と交際を続けているようですが。。

まずそもそも論として、政務官への出世以前に、今井絵理子氏は今度の選挙で当選できるのか?落選する可能性が高いのでは?とも考えてしまいます。

いきなり出世した理由については、いくつかあると思います。

麻生派閥に考慮したとか沖縄問題で利用したいとか囁かれてますが、N国党の立花孝志党首が面白い動画をYoutubeに投稿してましたね。

 「もしかしてN国が勧誘したからか?」 

と…。N国民党は丸山穂高議員など『影響力はあるがスキャンダルもある』国会議員などを勧誘し、人数を増やそうと試みています。

 つまり自民党が流出を恐れて役職ポストを与えた。。という事でしょうか。まあそんな単純な話ではないと思いますが、可能性としてはあり得ますね。 

「まさに適材適所」との言葉通り、知名度を利用した戦略なのであれば、ちょっと浅はかすぎますよね…逆に批判殺到です。

しかし興味深い記事を発見。

担務は未定だが、内閣府政務官は小泉進次郎環境相も務めたことがあり、政務官は若手の登竜門。

今井絵理子氏が初要職、進次郎氏も務めた若手登竜門

もし若手の登竜門なのであれば、自民党は将来を見据えた「何らかの戦略」を持っているのかもしれません。単純に言えば女性大臣とか。

 今井絵理子氏の任期は2022年。色んな意味で大丈夫でしょうか… 

ここまでの経緯は『新幹線で妻子ある橋本市議と手つなぎ写真を撮られる⇒ 説明の会見するとか言いながら逃げまくる⇒ そして内閣政務官に⇒ 不倫疑惑相手だった橋本氏を秘書にするとの噂も』

 ちなみに、彼女が政治家としてどんな実績を残してきたのか調べてみましたが、よく分かりませんでした。 

ネットの反応や感想まとめ

「経験も実績もない。明らかに客寄せパンダなだけ」

「政治家は学歴余り問われないんですね。世の中動かす人が、学がないのに出来るのか不思議です。」

「子供をダシにして選挙で当選しておきながら…スピード辞任するよ。多分。」

「風評が下がれば適当な理由をつけて切ればいいだけ」

あと、今井絵理子政務官の資産が1億円近くと公表されましたが、政治家の収入は国民の税金から成り立っているため、厳しい視線は当然ですね。

客寄せパンダという意見は同感ですが、それが安倍政権の首を絞めることにならないか心配です。。。"(-""-)""(-""-)"

-国内政治

Copyright© 赤いイナズマ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.